前回に続いてmicroCMSネタです。
まず↓こちらの記事を参考にmicroCMSの設定をしてから

こちらの記事↓を参考にAPIを読み込んでみようとしたのですが、401エラーが出てどうしても読み込めない・・・

いろいろ調べた結果、上記ページにあったサンプルソースの「’X-API-KEY‘:・・・」のところを「’X-MICROCMS-API-KEY‘:・・・」に書き替えたら、ちゃんと動作してくれました。
どうやら古い仕様のときに作られたサンプルだったようです。

修正後のサンプルソースがこちら↓(一部伏字にしています)。

<!DOCTYPE html>
<html lang="ja">
  <head>
    <meta charset="utf-8" />
    <script src="https://code.jquery.com/jquery-3.6.0.min.js" integrity="sha256-/xUj+3OJU5yExlq6GSYGSHk7tPXikynS7ogEvDej/m4=" crossorigin="anonymous"></script>
  </head>

  <body>
    <h1>microCMSテスト</h1>
    <div id="js-infoBody"></div>

    <script>
      $.ajax({
        url: 'https://*******.microcms.io/api/v1/news',
        type: 'GET',
        headers: {
          'Content-Type': 'application/json',
          'X-MICROCMS-API-KEY': '****************************;',
        },
      })
        .done(function (data) {
          let list_entry = '';
          $.each(data.contents, function () {
            let list_date = '';
            let list_ttl = '';
            let dateT = this.publishedAt.slice(0, 10).replace(/-/g, '/'); // 日付整形
            list_date += '<p class="date">' + dateT + '</p>';
            list_ttl += '<h2 class="title">' + this.title + '</h2>';
            list_ttl += '<div class="body">' + this.body + '</div>';
            list_entry += '<section class="infoItem">' + list_date + list_ttl + '</section><hr>';
          });
          $('#js-infoBody').html(list_entry);
        })
        .fail(function (jqXHR, textStatus, errorThrown) {
          console.log('fail...');
        });
    </script>    

  </body>
</html>

microCMSの設定内容がこちら↓で、

実行結果はこんな感じ↓になりました。

うん、これめちゃくちゃ楽しい!
microCMSのリッチエディターだけで、普通に画像貼り付けも装飾もリンクもできちゃうんですね。

あとは、詳細ページ作って、一覧ページをページネーションしたら、一応ベースは完成ってとこかな?
また時間できたらやってみようと思います。

投稿タグを探索